全日本漁港建設協会の活動内容

 漁港建設業の担い手確保・育成に関するアンケート調査結果 

この度、当協会では協会会員を対象として「漁港建設業の担い手確保・育成に関するアンケート調査」を実施し、その結果をとりまとめました。

本調査は、近年担い手及び技能労働者不足に悩む漁港建設業において、その現状と課題、担い手確保に向けたニーズ等を把握し、効果的な対策を検討する際の基礎資料とするべく、中央大学研究開発機構 片石教授の協力を得て令和4年8月に実施したものです。

調査概要
調査対象
(一社)全日本漁港建設協会会員各社の経営者・管理者、及び若手職員(原則入社5年未満)
調査方式
インターネットアンケート(Google フォーム)
実施期間
令和4年8月8日~9月2日
有効回答
経営者・管理者向け(224件)、若手職員向け(226件)